施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のバス停(バス)情報を無料で検索できます。

ホームメイトバス停(バス)リサーチ

バス停情報

日本のバスの歴史
黎明期~第二次世界大戦前



現在、日本各地に普及しているバスは、明治時代に誕生し関東大震災をきっかけに大きく飛躍しました。ここでは、黎明期から第二次世界大戦前における、日本のバス事業の歴史について紹介します。

黎明期の日本のバスにおける歴史

日本で最初のバスの運行については、2つの説があります。ひとつ目は、京都市でバスの試運行が始まったことが最初だとする説です。1903年9月20日のことでしたが、この日は営業中止勧告が出されてしまいます。その後、11月21日に正式に運行を開始します。しかし、このバスは運転手と助手を除くと乗客が4名しか乗れず、これをバスと認めても良いかどうか答えが出ていません。

2つ目は、広島でバスの運行が始まったのが最初だとする説です。1905年2月、広島で12人乗りのバスが登場したときのことでした。しかし、車両の故障が頻発したことと、その修理費用に充てる資金が足りなかったといったことが原因で営業を終了。当時は、人力車や馬車の事業にかかわる人たちからの妨害や反発、また道路の舗装が進んでいなかったことでバスが持つ本来の力を発揮できないなどの問題もありました。それでも、1台の自動車で多くの人を乗せて運行できると言う点が人気を博し、バス事業者は徐々に増えていきました。

大正時代の日本のバスにおける歴史

バス事業者が飛躍的に増えたのは、1923年9月1日に起こった関東大震災直後からです。震災の影響で鉄道が使えなくなり、被災地の人たちは主な交通手段を失い大変困りました。そのため鉄道の代わりとして、臨時でバスが利用されるようになったのです。これがきっかけとなり、一時的に使用するつもりだった臨時バスが日常的に使われるようになり、その後バスは東京のみならず全国的に広がりました。しかし、鉄道と平行して走行するバスが増えたことに対し、競合事業が現れたとして鉄道関係の事業者は焦り始めました。そこで、鉄道事業者もバス事業を始めることにし、鉄道のない地域にはバスを走行させるようにしたのです。バス路線と鉄道の駅を繋げることで、乗換地点として乗客を確保することもできました。

第二次世界大戦前の日本のバスにおける歴史

バス事業者が大幅に増えてくると、各バス会社同士で競い合うことが多くなりました。そこで、1933年に自動車交通事業法にて、一路線につき一事業者と言う原則ができます。この決まりによって同じ路線を走行していたバス事業者が統合されていきました。現在、路線バスを運行する事業者の多くが、この当時に誕生したり、規模が大きくなったりした会社です。