ご希望のバス停(バス)情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトバス停(バス)リサーチ

バス停情報

通勤客の帰宅の移動手段となる
「深夜バス」とは



「深夜バス」とは、深夜時間帯(23時以降~翌3時頃まで)において、通常とは異なる運行をする路線バスのことです。ここでは、深夜の移動に利用される深夜バスについて用途や需要、利用する客層、特徴などについて紹介します。

通勤客の希望で誕生した深夜バス

通勤客の希望で誕生した深夜バス

「深夜バス」とは、主に通常の路線バスの運行時間に間に合わず深夜時間帯(23時以降~翌3時ごろまで)に帰宅することになった通勤客を対象に生まれた路線バスです。通常の路線バスと一部違う経路を走行するものもありますが、一般的には同じ区間で運行します。その場合、運賃は通常の路線バスより割高になります。主な対象が通勤客であるため、土日祝日やお盆、年末年始は運休していることが多いです。近畿地方では、大型連休期間中も運休していることがあります。

1970年代以降、中心市街地の人口が減り、郊外の人口が増えるドーナツ化現象が起き、通勤時間が長くなりました。しかし、通勤時間が長くなったものの、最終バスの運行時間は22時台までが多いという状態でした。それ以降はタクシーが移動の役目をしていましたが、タクシーの待ち時間が長引いてきたため「バスの最終運行時間を遅らせてほしい」との要望が高まるようになりました。そのため、通常の運賃に深夜料金を上乗せした、深夜時間帯に運行する深夜バスの案が出されました。その後、東京都町田市にて小田急小田原線鶴川駅23時台発の深夜バスが登場し、これが最初の深夜バスとなりました。それからは、埼玉県、千葉県へと深夜バスの運行が広がっていきました。

運賃は地域によって差があり、主要都市では路線バスの通常運賃の約2倍かかることもありますが、定期券などを所持していれば、差額分だけで乗ることができます。その他の地域では、通常運賃より数十円上乗せしている物から、運賃を均一にしている物まで様々です。

深夜バスは、深夜時間帯に走行するため、同じように深夜時間帯に走行することがある「夜行高速バス」と混同されがちですが、夜行高速バスは長距離移動と車内泊を前提としている点で利用目的が異なります。

国外の深夜バスの特徴

深夜バスには、国によって異なる特徴があります。特にフランス、オーストラリアは特徴的です。

フランス

夜行性をイメージした「ふくろう」のマークが付いた深夜バスです。運賃は通常運賃と同じです。停留所は日中と違います。1時間に1本程度で走行しています。

オーストラリア

土曜日・日曜日に30分おきに運行されています。車内には、電話が設置されているため、バスを降りる前に運転手に頼むと、タクシーを呼んでもらうことができます。