ご希望のバス停(バス)情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトバス停(バス)リサーチ

バス停情報

「空港連絡」バスとは



「空港連絡」バスとは、空港まで直通で運行する、空港利用客にとって利便性の高いバスのことです。ここでは、空港利用客の足となる空港連絡バスの用途や需要、利用する客層、特徴などについて紹介します。

空港連絡バスの用途

空港連絡バスの用途

「空港連絡バス」とは、ホテルなどから直通で空港へと運行するバスのことです。1954年に東京空港交通が運行を開始しました。内装が華やかな車両を使用しているために、「リムジンバス」という通称でも呼ばれています。その後、他のバス事業者も空港連絡バスの運行時にこの通称を使ったため「リムジンバス」という呼称が定着しました。このバスの運行は、路線バスは扱わずリムジンバスを主要に扱っている会社が主に行なっています。以前は、リムジンバスを専門に扱う会社も存在していました。

空港連絡バスのメリットとデメリット

空港まで直通のため乗り換えもなく移動が容易な上に、荷物もトランクに収納できるため利便性が高いリムジンバスですが、運賃は鉄道よりも高く設定されています。また、渋滞や事故に巻き込まれる可能性もあり、きちんと予定通りの時間に運行できないことがあります。

時間内に効率よく移動するため、リムジンバスの経路は高速道路や有料道路、バイパス道路などを通ります。高速道路が通行止めのときは、一般道路に迂回するなど、柔軟に対応します。東京空港交通では、運行指示や運転士との連絡に無線などを利用し、よりスムーズな運行ができるようになりました。

高速道路や有料道路は走行中にバス車内で立ち上がることは禁止されているため、リムジンバスにはつり革や手すりなどの設置はなく、座席分の定員しか乗ることはできません。そのため、先着順で乗車を締め切ったり、事前に予約を受付けたりしています。リムジンバスは、航空スケジュールを把握し、それに合わせてバスの車両数を調整しています。

空港連絡バスの停留所

リムジンバスの停留所は少なく、空港からホテルなどに向かう場合は途中降車のみができ、ホテルなどから空港へ向かう場合は乗車のみができるという決まりを設けている路線もあります。これは乗降回数を減らすことで遅延を減らし、目的の空港までバスをできるだけ速く到着させるためです。ただし、一部のリムジンバスでは空港を利用する乗客以外も乗車でき、各停留所での乗降が自由にできる路線もあります。