ご希望のバス停(バス)情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトバス停(バス)リサーチ

バス停情報

日本を代表する「いすゞ自動車」のバスとは



いすゞ自動車株式会社は、ディーゼルエンジン技術に強い日本の自動車メーカーです。ここでは、いすゞ自動車株式会社の歴史や、いすゞ自動車株式会社が開発を行なうバスについて紹介します。

いすゞ自動車の歴史

いすゞ自動車株式会社は、歴史ある日本の自動車メーカーであり、主にトラックやバスといった商用車を製造。読み方は「いすず」ですが「いすゞ」という表記が正式で、「いすゞ」は伊勢神宮の五十鈴川(いすずがわ)に由来しています。

「いすゞ自動車」の社名は、前身となる東京瓦斯電気工業株式会社と株式会社石川島自動車製造所が合併や社名変更ののち、1949年に変更しました。

メーカーとしての歩みは、太平洋戦争直前から戦時中にかけて、大型車両及び大型車両に搭載する高速ディーゼルエンジンの分野に強みを持ち、業界をリードするようになったことから始まります。太平洋戦争が終わったあとは、大型ディーゼル車両の分野で日本を代表するメーカーとなり、1953年以降は乗用車生産にも手を広げ、総合自動車メーカーを目指しました。トヨタ自動車日産自動車と共に「日本自動車業界の御三家」と呼ばれたこともありましたが、1990年代からは経営危機に陥り、リストラを実施。1993年には、乗用車から手を引き始め、2002年9月には、乗用車事業から撤退しました。

その後、合併や人員削減などを行ない、厳しい状態が続きましたが、みずほ銀行やゼネラルモーターズの多大な支援のおかげで再建に向かいました。このいすゞの経営回復については、ディーゼル自動車の排ガス規制強化によるトラックやバスなどの買い換え特需によるところも強い要因であると言えます。

2006年4月には、ゼネラルモーターズとの資本関係が終わりました。同年11月7日にはトヨタ自動車と手を組み、資本・業務提携を行なうことが発表されました。今後は、乗用車用のディーゼルエンジンの開発が期待されます。また、トラック部門での連携強化なども考えられます。

いすゞ自動車のバス

いすゞ自動車のバスは、大きく分けて5種類あります。なかでも、ジャーニーは幼児車から特装車までバリエーションが豊富です。

大型バス

いすゞ自動車の大型バスを紹介します。

エルガ
路線・自家用大型バスです。バリエーションとして路線バスはノンステップとワンステップ、自家用はツーステップがあります。
ガーラ
観光・高速路線用の大型バスです。12mと9mがあります。

中型バス

いすゞ自動車の中型バスを紹介します。

エルガミオ
路線用中型バスです。バリエーションとしてはノンステップとワンステップがあります。
ガーラミオ
観光・送迎・自家用の中型バスです。グレードが3種類あります。

マイクロバス

いすゞ自動車のマイクロバスを紹介します。

ジャーニー
自家用・送迎バスです。SLや猫に扮したキャラクターバスや、リフト付きのバスもあります。