施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のバス停(バス)情報を無料で検索できます。

ホームメイトバス停(バス)リサーチ

バス停情報

ドイツのバス車体メーカー
「ネオプラン」とは



ネオプランは、日本で2階建バスブームの火付け役となったドイツのバス車体メーカーです。ネオプランのバスは、大型のハイデッカーや2階建ての観光バスが多く、日本でも輸入されており、日産のディーゼルエンジンを使用したこともありました。ここでは、ドイツのバス車体メーカーネオプランを紹介します。

日本で2階建バスブームを起こしたネオプラン

日本で2階建てバスブームを起こしたネオプラン

ネオプランは、自動車・機械メーカーであるマン社の子会社で、ドイツのバス車体メーカーです。1935年にバス・トラックの車体を製造する会社として設立されました。本社は、ドイツ・シュトゥットガルトにあります。2001年には、親会社がゴットロープ・アウベーター社からマン社に変わりました。また、日産ディーゼル(現在のUDトラックス)製のエンジンを使ったバスを製造したこともあります。

ネオプランのバスは、1977年に日本へ輸入され、その後1979年には2階建バスが初めて導入されました。この2階建バスは一躍ブームとなり、ネオプランの社名が知れ渡るきっかけとなり、このことでドイツ・ベルギーなどは2階建バス市場に参入していきました。その後は、観光バスとしての利用は減りましたが、1990年代から夜行高速バスに利用され始めました。日本におけるネオプランの代理店は「日本ネオプラン」です。

大型・観光バスが得意なネオプラン

ネオプランのバスには、大型のハイデッカー・観光バスが多いです。

ネオプランの製造するバス

ネオプランの製造するバスを紹介します。

スカイライナー
2階建ての観光バスです。1979年に日本に輸入され、一躍2階建バスブームを巻き起こしたバスとして知られています
メガライナー
全長14.9mの超大型2階建バスです。多くの乗客を乗せる目的で設計されています。車椅子スペースもあります
スペースライナー
1階席を運転席・収納スペースとしたスーパーハイデッカー車です。ドアは車体の中間にあります。日本で初めて輸入されたのは1980年のことでした。1988年にはドイツにあるネオプラン本社から中国・上海まで走行するイベントにも使われました
スターライナー
1996年に登場したスーパーハイデッカー式の観光バスです。先進的で電子制御のブレーキシステムが付いています
シティーライナー
スーパーハイデッカー式の観光バスです。上下に分かれているフロントガラスが特徴です
セントロライナー
路線バスです。ドイツのゴットローブ・アウベルダー社が製造しています