ご希望のバス停(バス)情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトバス停(バス)リサーチ

バス停情報

「小型車、小型バス」とは



小型車に分類されるバスは、「全長が7m、車幅は2mで、乗車できる人数が11人以上29人以下のもの」です。一般的に「マイクロバス」と呼ばれる車両は、小型バスに該当します。小型バスは、無料送迎バスとして利用されることが多いです。ここでは、小型車について紹介します。

マイクロバス・小型バスの大きさ

マイクロバス・小型バスの大きさ

車両総重量は8t未満で、全長が7m、車幅は2mで、乗車できる人数が11人以上29人以下のものを「小型バス」と呼びます。以前は15インチや16インチでしたが、現在の小型バスのホイールサイズは17.5インチです。小型のバスは、通称「マイクロバス」と呼ばれることもあります。「マイクロバス」と言う名称は、もともとトヨタ自動車の商品名でしたが、それが定着して現在では通称で使われています。

小型バスの免許

小型バスを運転するには、中型自動車免許が必要です。2007年6月2日に道路交通法が変わり、このときに中型免許が新たに登場しました。中型免許の他に、大型免許や大型二種免許を取得していれば、小型バスを運転できます。中型免許の中でも「8t限定なしの中型免許」あるいは「8t限定なしの中型二種免許」の2種類のうち、どちらかがあれば運転できます。中型免許ができる前に普通免許を持った人は、中型免許に関しては「8t限定付中型免許」の扱いとなります。この免許では、マイクロバスを運転できないため、万一運転してしまった場合は免許条件違反となります。

高速バスに関しては、乗車できる人数が29人以下の場合でも、小型車の規定である重量をオーバーしているため、大型自動車の扱いになります。そのため、中型自動車免許を持っていても、高速バスを運転することはできません。

無料送迎バスとして活躍

小型バスは、中型・大型バスよりも小回りがきくという利点を活かして様々な施設の無料送迎バスとして使われることがあります。駅やバス停留所などの交通機関がある場所から何かしらの施設・場所へ向かうときに、徒歩では多少距離があるという場合に利用者を小型バスで送迎します。主に、ホテルや結婚式場、工場、病院などに出かけるシーンで運行されています。旅館に宿泊する際に最寄駅からマイクロバスを利用したことがあるという人もいるでしょう。移動を楽にするために運行されますが、なかには無料送迎バスがあることをひとつの宣伝として使っているところもあります。施設や運行形態によって、往復ともに無料の場合もあれば、片道のみ無料の場合もあります。