ご希望のバス停[バス]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトバス停[バス]リサーチ
バス停[バス]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

バス停情報

たくさんの人に愛されてきた
「2階建バス」。その歴史とは?



「2階建バス」とは、乗車率上げるためや眺望を良くするために製造された、1車両が2階建てになっているバスです。ここでは、2階建バスの用途や特徴、実際の使用方法などを紹介します。

2階建バスの概要

2階建バスの概要

「2階建バス」とは、1車両を上下に分けて、2階建てにしたバスのことです。このバスの目的は2つあります。ひとつは、2階建てにすることで床面積が増えるため、乗車できる人数を増やすことです。もうひとつは、乗車中の眺めを良くすることです。

高さを出すために、1階の床は通常のバスより低くされており、反対に屋根の部分は高くなっています。座席数は1階と2階で違います。1階部分は荷物置場とする場合があるため、その他には乗務員用の仮眠室やトイレなどを設けていることもあります。2階建バスは、市内路線バスには向かず、主に観光バスや高速バスに利用されています。

2階建バスの歴史

1960年に、近畿日本鉄道(現在の近鉄バス)で、日本で初めてとなる2階建バスを設計・製造しました。当時の座席は1階に3列、2階に2列ずつありました。1階通路の天井を高くするために、2階は床が部分的に高くなっていました。

1979年には、本格的な2階建バスの導入が始まります。大阪の中央交通がドイツから2階建バス「スカイライナー」を輸入し、それをきっかけに2階建バスブームが巻き起こり、一躍看板車両の仲間入りとなりました。

1982年には、西ドイツから輸入した車両を利用して、上野公園浅草雷門間での運行がスタートしました。これは、台東区が都営バスに委託して運用していたもので、2001年まで続けられ、その後、江戸川区でも2階建バスの運行が行なわれました。1983年には、新たに日本の自動車メーカー3社が2階建バスの製造に参入しましたが、1980年代後半にブームが落ち着いてしまうと需要は伸びず2社が撤退しました。

1990年代になると、2階建バスの生産が再開されるようになりました。これまで、ワンマン運行は認められなかったのですが、規制緩和により条件付きで認められ運行の妨げがなくなったこと、さらに夜行高速バスの輸送量増加のため、2階建バスの利用が検討されたためです。

2階建バスの種類

近年では、2階部分の屋根が付いておらずオープンになっている「オープントップバス」と呼ばれるバスを運行している会社もあります。これは主に、観光用として利用されています。日の丸自動車興業やはとバス、西日本鉄道などがその一例です。