施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のバス停(バス)情報を無料で検索できます。

ホームメイトバス停(バス)リサーチ

バス停情報

バスやトラックの「ラダーフレーム」とは



「ラダーフレーム」とは、自動車の構造のうちのひとつで、バスやトラックなど、大型車両の荷台の下にある、はしごのような型をしたフレームです。強度が高く、特にトラックで主流の構造となっています。現在、乗用車にはほとんど採用されていませんが、仕組みが簡単かつ堅牢で、車体のデザインに影響しないフレームとしてアメリカでは長期間にわたって採用されていました。ここでは、このラダーフレームについてご紹介します。

トラックに最適なラダーフレーム

トラックに最適なラダーフレーム

ラダーフレームは、別名「H形フレーム」または「はしご型フレーム」とも呼ばれています。その名の通り、「H」や「はしご」のような形をしています。ラダーフレームの歴史は古く、セパレートフレームの代表格です。ラダーフレームは、床が高くなるというマイナス面もありますが、堅牢性や荷台の架装のしやすさから、トラックでは今でも主流の構造です。ただし、バスや乗用車、一部のトラックではこのマイナス面は大きいため、ラダーフレームを使用しても床を低く保てるよう改良が重ねられました。

自動車にとって基本となる部分

ラダーフレームは、セパレートフレームのうちのひとつです。バスやトラックなど重量がある車両のボディを乗せるためのもので、自動車の歴史の中で、昔から現在まで継続して造られている基本的な構造です。フレームにエンジンや足回りなど、走ることに必要なすべての装置が備え付けられることと、フレーム単体で強度を確保しているため、ボディが架装されていなくても走ることができます。

自動車の歴史の初期はフレームの材料は木で、日本原産種でもあるトネリコが使用されていました。その後1900年頃から、スチールを材料にしたものに取って代わりました。それでも木製は、とても軽く安価であるというメリットから、1930年代まで使われていました。今でも戦前から生産されているイギリスのスポーツカー、モーガンでは一部にトネリコを使用しています。

デザインの自由度が高いラダーフレーム

自動車のデザインをよく変えていたアメリカでは、ラダーフレームが特に重宝されました。ラダーフレームは、フレーム単体で強度を受け持つため、ボディデザインが自由に行なえます。そのため、ひとつのフレームに様々な形状のボディを載せることで、低コストでラインナップの拡充を図ることができたのです。

第二次世界大戦後の1960年代の自動車業界は、ボディとフレームが一体となったモノコックという構造が主流になりました。しかし、トラック・バス業界では、堅牢でボディや荷台の架装が容易な今までのスタイルを受け継ぎ、今でもラダーフレーム構造が一般的です。