ご希望のバス停(バス)情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトバス停(バス)リサーチ

バス停情報

深夜急行バスミッドナイトアロー号を
運営する東武バス



東武バス株式会社は、東武バスグループを運営する東京都墨田区にあるバス会社です。子会社には、それぞれ担当地域を設けており、埼玉県さいたま市から千葉県柏市、東京都足立区、栃木県日光市周辺に分けています。ここでは、東武バスについて紹介します。

4社の子会社を持つ東武バス

4社の子会社を持つ東武バス

「東武バス株式会社」とは、東武鉄道バス事業本部から分社してできたバス会社4社(さいたま市担当の東武バスウエスト、千葉県柏市を担当する東武バスイースト、東京都周辺を担当する東武バスセントラル、栃木県日光市を担当する東武バス日光)と東武バスを統括している会社です。2002年4月に創業しました。営業エリアは、子会社に地域別で分けています。

東武バスウエスト

東武バスウエストは、さいたま県さいたま市に本社を置く運行会社です。担当地域は、主に埼玉県中南部と南西部です。

東武バスイースト

東武バスイーストは、千葉県柏市に本社を置く運行会社です。主に柏市周辺、千葉県の北西部を担当しています。総武鉄道の路線にしたがってバス路線を築き、戦後は駅から住宅街をつなぐ役割を果たしています。

東武バスセントラル

東武バスセントラルは、東京都足立区に本社を置く運行会社です。主に東京都の北部や東部、埼玉県の南部や東部を担当しています。住宅路線をメインにしていますが、高速路線や定期観光バスも運行しており、定期観光バスははとバスと一緒に運行しています。

東武バス日光

東武バス日光は、栃木県日光市に本社を置く運行会社です。主に栃木県の日光市を担当しています。日光は坂が多くあるため、冬季にも備えた観光向けの車両を導入しています。

深夜急行バス「ミッドナイトアロー号」

深夜急行バス「ミッドナイトアロー号」という名称は、様々なバス会社の深夜運行バスで利用されている言葉です。東武バスのミッドナイトアロー号は、終電が過ぎたあとの1時台に渋谷駅から出発し、各地へと運行していきます。

東武バスから最初に走った深夜バスは、1989(平成元)年12月18日の「ミッドナイトアロー川越」でした。運行当時は、まだ深夜急行が普及していなかったため手探り状態の運行で、車両は補助席も含めて60人乗りでした。現在のミッドナイトアロー号は、路線によってはリムジンバスを使ったり、高速バス車両を使ったりすることもあります。仕事や接待などで終電を逃してしまった郊外に住むサラリーマンに多く利用されています。