ご希望のバス停[バス]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトバス停[バス]リサーチ
バス停[バス]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

バス停情報

空港リムジンバス、ランプバスを運行する
東京空港交通



東京空港交通株式会社は、空港へ向かう高速リムジンバスを中心に扱うバス会社です。空港内を走るランプバスも運行しています。運行はGPSなどの機器を使い、定時運行に努めており、適宜迂回運転をするなど臨機応変な対応をしています。ここでは、空港リムジンバス、ランプバスを運営する東京空港交通を紹介します。

空港リムジンバスに特化した東京空港交通

空港リムジンバスに特化した東京空港交通

「東京空港交通株式会社」とは、空港への高速リムジンバスやランプバス、貸切バスを運行しているバス会社です。成田国際空港羽田国際空港に発着します。この他に、空港内で待機する航空機と搭乗口を結ぶランプバスも運行しています。

東京空港交通は、遅延を防ぐため迂回運行という特徴的な運行をしています。常に道路情報を把握しており、無線を使って運転手に指示を出します。管制室は迂回ルートを何通りか考えており、状況に合わせて運転手にルートを伝えます。例えば、高速道路の料金所が混雑していると判断した場合は、一般道路を走行します。2001年には、無線ではなくGPSと携帯電話の導入を開始しました。この2つを利用するシステムで各バスの現在位置を把握し、運行に関する情報を把握しています。

空港への発着バス

空港への発着バス車両は、国産大型車のツートンカラーが多いです。過去には、メルセデス・ベンツのマイクロバスを使用していました。その後国産の大型車も導入され始め、現在はいすゞ自動車以外の3社(UDトラックス日野自動車三菱ふそうバス・トラック)が使われています。特にUDトラックスは1996年に、大量に導入したことがあります。いすゞ自動車のバスもありましたが、それ程多くは導入しませんでした。車体は橙色と白色を使用しています。ベースは白色で、橙色は車体後方上部から前方下部にかけて、斜めに太いラインが入っています。

リムジンバスは、トイレを装備していますが、装備していないもの、補助席がないものなどいくつかの種類を使用しています。路線バスのハイデッカー型の車両は、リムジンバスとして使われるときがあります。

空港内で走行するランプバス

「ランプバス」とは、乗客を乗せて飛行機の搭乗口とターミナルビルを往復する、空港内を走るバスのことです。ターミナルビルから待機している飛行機までは距離があるため、このバスが使用されます。空港内を運行するため、ナンバープレートは空港用の特殊なものになっています。ランプバスは、空港内の運行がメインですが、一部の車両は空港の外を走ることもあります。一度に100人を輸送できる車両や、バリアフリー化してリフトが装備された車両もあります。基本的には、空港内しか走行しないため、あまり劣化することなく、車体の平均寿命は長いです。