ご希望のバス停[バス]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトバス停[バス]リサーチ
バス停[バス]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

バス停情報

関西国際空港行きのリムジンバス
「Sorae」を運行する南海バス



南海バス株式会社は、南海電鉄や近鉄南大阪線などの沿線を営業エリアとするバス会社です。車両のデザインは複数あり、特に泉北コミュニティバスは1台ごとにデザインが異なっています。南海バスは、関西国際空港行きの「Sorae」というリムジンバスを運行しており、関西国際空港へ行く人にとって大事な交通機関になっています。ここでは、関西国際空港行きのリムジンバス「Sorae」を運行する南海バスについて紹介します。

南海バスとは

南海バスとは

南海バス株式会社は、2001年5月23日に設立され、同年10月1日に営業を開始した南海電気鉄道の自動車部が分離した子会社です。南海電鉄や近鉄南大阪線などの沿線で、路線バスや特定輸送事業を行なっています。南海バスでは、関西国際空港への空港リムジンバスを運行しています。

南海バスの車両

南海バスの車両はほとんどが日野自動車製で、大型車よりも中型車のほうが増えてきています。日野自動車の次には、三菱ふそうトラック・バスが多く、大型車も中型車の次に多いです。

車両のデザインは白色をベースに、赤色と橙色が車両の下部に描かれています。現在のデザインになったのは1990年代になってからです。また、ノンステップかワンステップかも車体に分かりやすく表記されています。

南海バスの車両デザインは他にもあり、「堺シャトル」と呼ばれる堺駅から堺東駅のシャトルバス兼コミュニティバスは金色をベースに、外国人風のイラストが複数描かれています。堺東駅から西区役所前の鳳シャトルはベースの色が3つあり、それぞれ赤色、黄色、青色です。この3つのベースにはそれぞれ白色で「OTORI Shuttle」と書かれています。泉北コミュニティバスに関しては、デザインのパターンが1台ずつ異なっています。

関西国際空港行きのリムジンバス「Sorae」

「Sorae」とは、関西国際空港と南海電鉄や近鉄南大阪線沿線の都市を結ぶ、リムジンバスの名称です。1994年9月4日に関西国際空港が開港しました。それに合わせて、南海電気鉄道が導入した車両がSoraeです。名称の意味は「空へ」です。南海電気鉄道の自動車部は分離されたため、Soraeは南海バスが引き継ぎました。Soraeは登場した当初から人気で、現在も多くの人口が利用しています。今では、堺市の中心や和泉市中部、大阪府の南東部あたりから関西国際空港へ向かう人にとって非常に便利な交通機関となっています。

Soraeの車両は白色をベースに、車両の中央から後方にかけて濃くなっていく紫色が特徴的です。流れるような曲線を描いた紫色のグラデーションになっています。一部の一般路線バスには、このデザインと同じ車両もあります。