施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のバス停(バス)情報を無料で検索できます。

ホームメイトバス停(バス)リサーチ

バス停情報

オリジナルキャラクター
「ばっしー君」が人気の神戸市バス



神戸市営バスは、通称「神戸市バス」と呼ばれる公共の路線バスです。環境政策に力を入れており、その一環として「エコファミリー制度」や「エコ定期券制度」を導入しています。神戸市バスには、オリジナルキャラクター「ばっしー君」がいて、各種イベントやPR活動に登場しています。ここでは、神戸市バスについて紹介します。

神戸市バスとは

神戸市バスとは

神戸市バスの運営は、神戸市交通局が行なっています。もともとは「神戸市営バス」という名称でしたが、昭和50年代以降に市民から「神戸市バス」という呼ばれ方をしたことで、この名称が定着しました。以前は「神戸市営観光バス」という名称で観光バス事業も行なっていましたが、現在は廃止されました。現在、神戸市内の観光バスは民間の神姫バスが行なっています。

エコファミリー制度とエコ定期券制度

環境政策のひとつとして、神戸市のバス路線はエコファミリー制度とエコ定期券制度を始めました。「エコファミリー制度」とは、大人1人と一緒に乗る子ども(小学生以下)2人までは運賃がいらない制度です。

2003年10月から試験的に導入され、2005年10月から正式に導入されました。

もうひとつの「エコ定期券制度」とは、定期券を持っている大人の場合、一緒に乗る家族は運賃が安くなる制度です。2001年から導入されました。適用は年齢制限がなく、定期券の範囲内で有効です。運賃は現金払いのみです。

エコファミリー制度もエコ定期券制度も、運賃を払うときに「エコファミリーです」「エコ定期です」と乗務員に告げることで適用を受けます。上記2つの制度を、同時に使うこともできます。

上記に共通しているのは、使える日が限られていることです。土日祝と年末年始、お盆時期に利用できます。利用できる日は運賃箱で確認できるようになっています。この制度は、神戸市バスでしか使うことができません。

オリジナルキャラクター「ばっしー君」

神戸市バスのオリジナルキャラクターは「ばっしー君」です。1997年9月に誕生しました。神戸の路線バスと同じ色をした男の子のバスで、行き先表示板にばっしー君が描かれています。当時は、キャンペーンのイメージキャラクターとして活躍していました。現在は市バスのオリジナルキャラクターとして、様々なイベントに登場しています。「ばっしー」という名前の由来は「市バス」を逆に読んで「ばっしー」、命名者はラジオDJの南かおりさんです。