ご希望のバス停[バス停留所]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
バス停[バス停留所]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

バス停[バス停留所]情報

スペースを広く取れる
「キャブオーバー」とは

「キャブオーバー」とは、エンジンの真上に運転席を置き、スペース効率を優先させたボディ構造のことです。スペースが多く取れるため、トラック、バス、バン、ワゴンなど、様々な車で数多く採用されてきました。ここでは、スペースを広く取ることのできるキャブオーバーについて紹介します。

「キャブオーバー」とは

「キャブオーバー」とは

キャブオーバー、別名「キャブオーバー型」とは、運転席がエンジンの上に覆いかぶさるようにして、後部スペースを確保した車の構造を指します。エンジン位置は、ボンネットではなく、運転席の真下になります。「キャブオーバー」と言うのは、車両の前部分の形状をさすもので、車両の後ろの状態は客室でも荷台でも関係ありません。キャブオーバーの中には、商標登録されているものもあり、ジープやランドローバーでは「フォワードコントロール」と呼んでいます。

日本では、キャブオーバー型のワンボックス、ワンボックスバンが数多く生産されました。以前は、アメリカでもキャブオーバー型の小型車を生産していましたが、バスや中型以上のトラック以外ではあまり使われていません。その理由は道路が広く、乗り心地を犠牲にしてまでボディをコンパクトにする必要がないこと、衝突時の安全性がボンネット型に劣ることが、主な2点です。北米などでキャブオーバー型のトラックを取り入れた日本の自動車メーカーもありましたが、それ程普及することはありませんでした。なお、小型で安価かつ堅牢な自動車が求められるアジア諸国では、日本のキャブオーバー車が今も数多く使われています。

日本で人気のキャブオーバー

日本でキャブオーバー型がよく利用されている理由には、コンパクトなボディで広大な空間を得られることが挙げられます。キャブオーバー型は、通常よりも多くの乗客・荷物を運べるため、スペース効率の良さが好まれています。また、小回りが利くなどのメリットもあります。

バスでのキャブオーバー

キャブオーバー型のバスの場合、ボンネットバスに比べると、大きなスペースを確保できます。1950年代からキャブオーバー型が増えていき、ボンネット型と同様に利用されていました。その後、日本の車両はより大きなスペースを確保したり、ワンマン化をしたりするため、エンジンを後方に設置するリアエンジン型を採用しました。現在、キャブオーバー型が採用されているバスは、ほぼすべてがマイクロバス、もしくはハイエースのようなワンボックス車のボディを使った15人乗りの小型バスです。