ご希望のバス停[バス停留所]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

バス停[バス停留所]

バス停[バス停留所]用語集

バス停[バス停留所]用語集 バス停[バス停留所]用語集

文字サイズ

  • 二井商会
    にいしょうかい

    二井商会とは、日本で初めて乗合自動車の営業運行を開始した事業者の名称である。試運転を開始した日は1903年(明治36年)9月20日。運行をしたのは京都府の堀川中立売〜七条駅、堀川中立売〜祇園間。使った車両は定員6人(運転手1人・助手1人・乗客4人)で、現代のバスと比べると小規模の物であるが、この試運転が日本におけるバス事業の始まりとされ、今では日本バス協会が毎年9月20日を「バスの日」と定めている。二井商会と言う会社名は、福井九兵衛と坪井清兵衛の両氏の苗字にある「井」を取った物。当時はライバルとなる乗合馬車屋が存在し、そこからの妨害を受けたり、車両の故障が相次いだり、と乗合自動車の営業を続けるのが難しかったようである。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域のバス停[バス停留所]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る