ご希望のバス停[バス停留所]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

バス停[バス停留所]

バス停[バス停留所]用語集

バス停[バス停留所]用語集 バス停[バス停留所]用語集

文字サイズ

  • 箱型バス停(旧型)
    はこがたばすてい(きゅうがた)

    箱型バス停とは、縦に長く伸びた角柱の形状をしたバス停留所のことを指す呼称。正式な名称は「角形標識」である。角柱の構造物の下を1本柱が支えるシンプルなつくりで、設置するスペースが比較的小さく済むなどのメリットがあり、国内各地に設置されている。角柱の4つの側面は表示スペースとなっていて、バスの発着時刻を記載した時刻表や、ルートの全体図、バス会社からのお知らせなどの情報が掲示され、上部にはバス会社名や「市バス」などの標識を配置。下部には地域の企業のPRなどを掲載する広告スペースとなっていることが多い。箱型バス停のなかでも旧型の物は、角柱側面の表示スペースの活用が控えめ。夜になると内蔵された照明が点灯するのも旧型の特徴である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域のバス停[バス停留所]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る